霊芝 レイシ MAK 野田食菌 マンネンタケ

 

 会社概要
 個人お問合せ
 法人お問合せ
 販売店紹介
 野田食菌工業施設

 

 

 

祥芝泉

 MAK(霊芝菌糸体培養培地抽出物)は、霊芝菌をバガス(砂糖きびの繊維性成分)と脱脂米ぬかを原料とした固体培地に増殖させて製造した醗酵食品です。
 1996年に開発され、シイタケ菌糸体培養培地抽出物の製法に基づき中国古来から珍重されてきた霊芝(マンネンタケの別称)の菌糸体をバガス(砂糖きびの繊維性成分)と脱脂米ぬかを原料とした固体培地に増殖させて製造した醗酵食品です。マンネンタケは固有の酵素を駆使して堅い原木の中で増殖し、僅か数日でキノコを作る強い生命力を持ち、その特質を応用したものが「MAK」です。その原点であるバガスを基本とした固体培養法は弊社が長年かけて研究した方法によるものです。

 


  • 固体培養
  • MAKの特徴
  • 特許製法
  • MAKの安全性
霊芝健康食品

MAKはこの霊芝菌の菌糸体(菌の細胞が連なって細長い糸状になったもの)を固体の培地に接種して、特殊な培養環境の下で時間をかけて培養することで作られます。MAKの製造に使用している菌株は、当社のオリジナルな菌株(赤霊芝)で、厳重な管理の元に保存し、上市以来一貫して同じ菌株を使用しています。培養基の原料は、砂糖きびの繊維性成分であるバガスと米ぬかです。当社では、国内の精糖会社と契約し、厳選された最上級の白バガスを使用しています。また、米糠も、国産米から衛生的な管理の下に製造された脱脂米糠を使用しています。
バガスや米ぬかの繊維は、セルロース、ヘミセルロース、リグニンなどの植物細胞壁成分でできています。これらの成分は、植物の形態を維持し、外敵や物理的障害から植物自身を保護する役目を果たす、巨大で固い物質です。分解するための酵素を持たない私達が、直接摂取してもほとんど消化吸収することが出来ません。
しかし、霊芝菌は、菌体の内外に産生する様々な酵素の力でこれらの巨大分子を分解・利用することが出来ます。これらの繊維成分の中でも特にリグニンは、分解を受けにくい天然高分子物質で数多い微生物の中でも、この高分子物質を利用できるのは、白色腐朽菌と呼ばれる担子菌などの一部の限られた微生物だけです。霊芝は、この白色腐朽菌の仲間で、自力でこれらの高分子物質を分解・利用(代
謝)し、培地中で増殖することが出来ます。

LEM_baiyoutanekin■「MAK」の特徴

 

こうして培養した菌糸体が培地中でもっとも蔓延した時、特許製法に基づいて熟成培地ごと熱水抽出したものがMAKです。MAKには、霊芝菌糸体が、培地中のバガスや米糠を代謝し、生育する過程で生産する独自な有用物質が含まれています。
これらの有用物質には、低分子化して水溶性となった、多糖やリグニンおよびこれらの蛋白や糖鎖との複合体、霊芝菌由来のβ-グルカンやテルペンなどが上げられます。MAKの多彩な特徴は、これらのMAK特有の成分によりもたらされています。したがって、MAKは、きのこの子実体の製品や、液体培養による菌糸体の製品とは製造法においても、成分においても本質的に異なります。

 

 

 

 

■「MAK」の主成分

MAKには、霊芝菌糸体が、培地中のバガスや米糠を代謝し、生育する過程で生産する、独自な有用物質が含まれています。

これらの有用物質には、低分子化して水溶性となった、多糖やリグニンおよびこれらの蛋白や糖鎖との複合体、霊芝菌由来のβ-グルカンやテルペンなどが上げられます。MAKの多彩な生理活性は、これらのMAK特有の成分によりもたらされています。したがって、MAKは、きのこの子実体の製品や、液体培養による菌糸体の製品とは製造法においても、成分においても本質的に異なります。

 

 

〈MAKの主成分〉
1. 多糖
(1) プロテオグリカン: 主として、5炭糖のキシロース、アラビノースおよび6炭糖のグルコースを構成糖としたヘテロ多糖と少量の蛋白が結合した物質です。
(2)  β-1,3-グルカン: 霊芝菌が菌体外に産生した多糖や菌糸体細胞の細胞壁成分が低分子化して、水溶性化したβ-1,3-グルカンも確認されています。

2. 水溶性リグニン 
バガス繊維中に存在する巨大分子であるリグニンが、霊芝菌の分解酵素により加水分解を受け、低分子化し、少量の糖鎖や蛋白質と結合した物質です。

3. テルペノイド
MAKには霊芝菌糸体由来のトリテルペノイドである、ガノデリン酸が含まれています。

 

MAKの製造工程 (LEMの製法に基づく)

霊芝(マンネンタケ)の菌糸体を、バガス(さとうきびの繊維)と米ぬかからなる培地で培養、子実体(キノコ)発生前に自然の力、酵素を働かせ菌糸体を分解し、抽出。

培 養   

原料である『バガス(さとうきびの繊維)』と『米ぬか』を使用した培地で霊芝菌糸体を培養


分 解   

培養を完了した培地を加水・加温し菌糸体に含まれる、酵素を働かせて菌糸体を分解する(自己消化)。


抽  出  

温水でゆっくり時間をかけて抽出する。(これがMAKの水溶液)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

■「MAK」の安全性

安全性は公的機関での各種安全性試験結果からも、その安全性は確認されております。
健康食品として求められている大切な信頼、安全、実績を常に確保するために、培養から製品にいたるまで、徹底した品質管理のもとにお届けいたします。

 

 

●毒性試験

急性毒性   :マウス♂ 限界投与試験  2,000mg/kg
        異常なし
       :ラット♂ LD50 22,500mg/kg異常
変異原性   :陰 性
反復投与試験 :ラット♂ NOAEL 3,610mg/kg/日     
(3ヶ月)  :ラット♀ NOAEL 4,190mg/kg/日
水生動物  :LC50 コ イ 906mg/kg(96hr)
       ミジンコ    513mg/kg(48hr)


●残留農薬試験

脱脂米糠: 536農薬一斉分析+24農薬個別分析実施済
バガス : 使用農薬全19種類分析実施済

      食品安全評価分析センターによる

霊芝菌糸体

|| 祥芝泉(しょうしせん)

 

祥芝泉は、野田食菌工業(株)独自の製法でエキス化した霊芝(マンネンタケ)菌糸体培養培地抽出物(MAK)を高濃縮化し細粒にした無添加、ピュアな商品です!!

           

標準小売価格;1ケース30袋入 30,900円+税

 

名称 祥芝泉   栄養成分 1本 100ml当り
エネルギー 1.9kcal  炭水化物  0.4g  たんぱく質   0.1g
ナトリウム   5.4mg   脂 質    0.0g 
原材料名 霊芝菌糸体培養培地抽出物
内容量 1箱;1.5g×30袋 
LEM含有量;1.5g中 1,500mg

お召上がり方/1日1袋を目安にお飲みください。