Bio EDOLENS L
玉ねぎ(早生ソニック)に対するバイオエドレンスの効果


栽培条件
場所:野田食菌工業事務所裏、通称「野中農園」
期日:平成29年11月1日~平成30年5月14日まで実施
材料:元肥1kg、有機石灰1kg、早生ソニック若苗100本、3条マルチ、培養土
方法:試験区に対して50本、対照区に対して50本
11月1日
定植時:試験区バイオエドレンスL500倍希釈を灌注。(2L分)
対照区は水のみの灌注。(2L分)
 
3月13日    
:試験区バイオエドレンスL500倍希釈を葉面散布(8L分)
対照区は水のみ葉面散布(8L分)
 
4月11日    
:試験区はバイエドレンスL500倍希釈を葉面散布(8L分)
対照区は水のみ葉面散布(8L分)
 
5月14日    
:収穫

生育時の写真

バイオエドレンスL区では成長の促進、苗立ちの良さが伺える

収穫時の写真

バイオエドレンスL区の玉揃えの良さが伺える

 

◉重量と直径

  バイエドレンスL区 無処理区
重量(g) 直径(Cm) 重量(g) 直径(Cm)
平均値 170.1 6.9 140.1 6.1
中央値 170 7.2  120   6.1
最頻値
170 7.5 95  6.6


  バイエドレンスL区使用と無処理区との比較
重量平均 21.4%UP 直径平均 13.1%UP
最頻値 79.0%UP 最頻値 13.6%UP

 

◉考察
重量、直径についてはバイオエドレンスLでは昨年の試験結果とともに晩生の玉ねぎ「もみじ」で向上していることがわかっており、今回は早生の玉ねぎ「ソニック」でも良好な結果となった。
今回測定した重量や直径も中央値、最頻値を求めることにより「玉揃い」が良好となることがわかった。
なお、重量、直径、品質この3つは玉ねぎの出荷規格にかかるものと考えられ、大きく、またその大きさが一定であればより「高値」での出荷が可能になる。
また、生育速度が早まれば時期をずらした出荷が可能となり、球数が少ない中出荷ができるのでこれも高い利益を生むことが可能である。
 
◉効果検討に関しては3つの考えがあり、
・定植時の活着(根付き)を良くすることにより、定植時の状態を良好にする。
・各種天然の植物ホルモンにより、葉緑素を守りつつ、細胞分裂を促し成長促進を行なう。
・菌体成分を含むことにより耐病性などに抵抗ができる。
これらのことから玉ねぎ、さらに根菜類に関しては良い結果がでてくると考えられる。