1.トマト、ミニトマト、ピーマン、とうがらし類、たばこ、きゅうり、すいか、メロン、シンビジウムのモザイク病の接触伝染防止(予防)剤です。
2.つつじ類、つばき類の発根促進剤、芝、稲の根部生育促進剤としても使用可能です。
3.葉面散布の他、手指・器具(ハサミなど)を薬液に浸漬し、濡れたまま使用することによりウイルスの感染防止効果を発揮します。
4.人畜・魚介類に対し安全で、作物薬害がなく安心して使用できます。
5.有機農産物(JAS法認定)に使用でき、ポジティブリスト制度対象外の薬剤です。

シンビジウム、稲は液剤のみの適用

 

LENTEMIN
[レンテミン]の有効成分について


レンテミン液剤・水溶剤は天然物のシイタケ菌糸体培養培地抽出物を有効成分とするウイルス病防除・植物調節剤です。モザイク病を発現するウイルスの感染防止剤としては日本で初めて開発された農薬登録剤です。
人畜や魚に対して全く無害で、植物に対する薬害もなく安全・安心な農薬です。
 

LENTEMIN
[レンテミン]の特徴について


レンテミンに含まれている数種類の植物ホルモン(サイトカイン他)と発根促進物質は植物の生理機能を向上させ、発根を促し根を活性化します。光合性能と栄養物の転流を向上し、葉の老化防止、病気や低温・乾燥などの悪環境に対する抵抗性が向上します。また、シイタケ菌糸体培養培地抽出物[LEM]に含まれる水溶性リグニンはタバコモザイクウイルスなどのトバモウイルス属の感染阻止に効果を発揮します。

レンテミン液剤

植物ウイルス抑制剤 
農林水産省登録 第17774号


標準小売価格;1本 500ml     2,700円+税
 

1.種子の根部生育促進
2.さし穂基部の浸漬による発根促進
3.播注による根部生育促進
4.管理作業時の手指、器具の消毒
5.全面散布によるウイルスの感染防止


◉毒   性:普通物
◉有効成分:シイタケ菌糸抽出物(1%)
 


レンテミン水溶剤

植物ウイルス抑制剤 
農林水産省登録 第15584号


標準小売価格;1本 10g×5袋(小箱)     26,900円+税
 

1.種子の根部生育促進
2.さし穂基部の浸漬による発根促進
3.播注による根部生育促進
4.管理作業時の手指、器具の消毒
5.全面散布によるウイルスの感染防止


◉毒   性:普通物
◉有効成分:シイタケ菌糸抽出物(90%)
 

スイカ緑斑モザイクウイルス(CGMMV)に対する効果


 

 

 

レンテミン[液剤][水溶剤]共通


適応ウイルス

TMV:タバコモザイクウイルス
Tomv:トマトモザイクウイルス
PMMoV:トウガラシマイルドモットルウイルス
CGMMV:スイカ緑斑モザイクウイルス
ORSV:オドントグロッサムリングスポットウイルス
CMV:キュウリモザイクウイルス
ZYMV:ズッキーニ黄斑モザイクウイルス
WHV:カボチャモザイクウイルス

使用上の注意事項

1)強アルカリ性の他剤との混用はさけること。
2)本剤をウイルス病防除に使用する場合は、次のことに注意すること。
(1)本剤はウイルス病の総合防除対策の一手段としてウイルスの感染を防止するために使用するものであり、感染後のウイルスには効果がないので注意すること。
(2)トマト、ミニトマト、ピーマン、とうがらし類、すいか、メロン、たばこに散布して使用する場合は展着剤を加用して、葉の表裏にまきむらのないようにすること。
(3)モザイク病の感染防止を目的にピーマン、とうがらし類、すいか、メロン、きゅうり、シンビジウムにおいて手指・器具の浸漬を行う場合は、株ごとに所定濃度の薬液に手指・器具を浸漬し、濡れた状態で芽かき等の管理作業を行うこと。
(4)たばこに使用する場合は、処理した薬液が乾いた後に移植すること。
    また、処理後、移植までの間に散布又は潅水しないこと。
3)本剤をベントグラス又はこうらいしばに使用する場合は、所定濃度に希釈した液を7~10日毎に5回を目安に散布すること。
4)つつじ類、つばき類の発根促進に使用する場合は、所定の濃度液にさし穂の基部2~3cmを3時間浸漬した後、さし木をすること。
5)本剤の使用にあたっては、使用目的・使用量・使用時期・使用方法など誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。